昨年の花展

ちょうど一年前に相国寺の塔頭・慈照院で花工房の創立30周年を記念して開催させていただいたの花展。テーマは「生命花手毬」~いのちの大切さ~でした。

その時の作品を少しご紹介します。


「群生」異色なもの同士が共存しあう様子

「新生」和紙の中から新しく生まれる小さな命の誕生


キャンドルの灯りでライトアップも。

お庭の美しさと相まってとても幻想的で素晴らしい景色でした。

またこのような会ができたらなと思っております。

まずはコロナの終息を願って。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

075-212-1187

京都市上京区烏丸通椹木町上ル堀松町414

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook
  • Instagram